mini061.png mini062.png mini063.png img20210817095422002959.png
img20210817101554399492.png img20210817101554308733.png img20210817101554338296.png img20210817101554368317.png

看護学校の入試の傾向と対策を考える

 

看護師養成学校は全国に1000校以上もあり、専門学校でも競争倍率が高く、最難関の養成校もあれば、逆に、4年制大学でも地方や養成校が乱立している地域にあり、競争倍率が低く、比較的難易度の低い学校もあります。
  
私立大学の新設大学より、伝統のある看護学校の入試問題の方が難易度が高いということもあり、自分の得意分野の占める割合が高い学校を受験することが合格への近道です。 
 

英語の試験の傾向と対策

  • 英語の試験には、①発音・アクセント②文法③英作文④長文読解の4分野があります。

  • 長文読解の出題比率が高い学校程、難関校が多く、真の英語力が問われる傾向にあります。

  
 

数学の試験の傾向と対策

  • 数Ⅰ・Aの出題が主流ですが、中学数学の基礎力が十分でないと理解できない分野があります。

  • まずは、基礎の復習からスタートすることが必要不可欠です。